本文へスキップ


 

空の便利屋・アールティービー@札幌



FAQNEWS&FAQ



ドローンの飛行に関して



Q.ドローンに関する法律は何ですか?

A.ドローンの飛行に関しては、改正航空法・小型無人機飛行禁止法・道路交通法・民法・電波法・
  個人情報保護法・外為法・産廃法・刑法などです。また各地方自治体の条例も適用されます。
  

Q.ドローンの大きさ(重量)に区別はありますか?

A.改正航空法の適用は200g以上のドローンです。それ以下は適用外です、但し小型無人機飛行禁止法は
  重量に関係なく全てのドローンが対象です。
  

Q.ドローンを飛ばす際に必要な許可はありますか?

A.ドローンの飛行に際し、下記の場合事前に国土交通省への申請・許可が必要となります。

  ・空港(ヘリポートも含む)等の周辺の空域の飛行
  ・国勢調査を基にした人口集中地区(DID)上空の飛行
  ・地表又は水面から150m以上の高さの空域の飛行
  ・日中(日の出から日没まで)以外の飛行(夜間飛行)
  ・目視外飛行
  ・人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m未満の飛行
  ・祭礼、縁日など多数の人が集まる催し(イベント)の上空の飛行
  ・爆発物など危険物の輸送
  ・物資の投下

  アールティービーは国土交通省航空局の全国包括無人航空機の飛行に係る許可・承認を取得済です。
  ※人口集中地区(DID)、夜間飛行、目視外飛行、第三者との30m未満の飛行
  

Q.ドローンの飛行で、もしもの事故などがあった場合の保険はどうなっていますか?

A.三井住友海上火災保険の「DJI賠償責任保険」に加入しております。
  保証は対人 10,000万円、対物 10,000万円となっております。
  

撮影に関して



Q.観光地のPRにドローンで動画を撮り、編集までお願いすることはできますか?

A.4Kまでの編集は可能です。お渡しはデータとなりブルーレイやDVDなどでも可能です。
  但し当方は編集のプロではありませんので、専門の会社等へご依頼頂いた方がより完成度の高くなります。
  

Q.希望日に必ずドローンで撮影を行ってもらえますか?

A.事前にお打合せを行い撮影日を決めさせて頂きます。但し事前の天気予報や当日の天候状況では撮影が
  出来ない可能性もあります。当方が判断し撮影を延期又は中止する場合もあります。
  雪、雨、霧、強風(地上で風速5m以上)などの条件では撮影することはできません。
  

Q.撮影前のロケハンではどの様な事を行いますか?

A.ドローンを飛ばす場所の下見が目的となります。詳細は回りの建物等の立地状況、高さ、距離や人の
  流れや交通機関の状況などを確認します。またどの様な飛行コースで撮影するかチェックを行います。

Q.撮影に必要な申請や許可などの手続きをお願いする事はできますか?

A.基本的には手続きは依頼主様の方で行うようにお願いしております。
  但し打合せの上当方で代理で行う事も可能ですが、手続きに十分な期間を頂く事になります。


その他



Q.撮影した動画や静止画の著作権は、どのようになりますか?

A.撮影した動画及び静止画の著作権は、基本的には「アールティービー」に帰属します。
  お客様にはその使用権を許諾するものとします。予めご了承頂けますようお願い致します。
  但し、著作権を要求される場合は、双方合意の上譲渡させて頂く事も可能です。

Q.依頼した撮影を取消しする場合は、キャンセル料が必要ですか?

A.ご依頼頂いた後のお取消しについては、既定のキャンセル料を承ります。
  また、手配済みの実費(交通費、宿泊費等)は別途ご請求させて頂きます。
  
  撮影の7日前    各サービス料の25%
  撮影の2日前    各サービス料の50%
  撮影の1日前    各サービス料の75%
  撮影の当日    各サービス料の100%

  


バナースペース

アールティービー@札幌

  〒060-0052
  札幌市中央区南2条東3丁目5番地
  Tel:011-233-4616
  E-Mail:info@rtb-drone.net