本文へスキップ


 

空の便利屋・アールティービー@札幌



無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルールACCESS



 近年産業用からレジャー用まで普及が一気に進んでいるドローンの操縦には
 正式な国家試験などは現在ありません。
※2022年:免許制度導入が決定
 しかし、2015年4月の首相官邸無人機落下事件を機に、急速にドローンに
 関する法整備の検討が進められ2015年9月4日にドローンの飛行を規制する
 改正航空法が成立し、同年12月10日に施行されました。
 200g以上のドローンは、国土交通省 航空局に飛行許可・承認が得られた法人・
 個人のみが飛ばすことができます。



無人航空機に係る航空法

地図


・空港(ヘリポートも含む)等の周辺の空域
・国勢調査を基にした人口集中地区(DID)の上空 ※詳細は国土地理院の地図で確認が可能
・地表又は水面から150m以上の高さの空域                            




遵守事項となる飛行の方法

地図


・アルコール又は薬物等の影響下で飛行させない
・飛行前確認を行うこと
・航空機又は他の無人航空機との衝突を予防するよう飛行させる                    
・他人に迷惑を及ぼすような方法で飛行させない




承認が必要となる飛行の方法

地図


・日中(日の出から日没まで)に飛行させる
・目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させる
・人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させる    
・祭礼、縁日など多数の人が集まる催し(イベント)の上空で飛行させない
・爆発物など危険物を輸送しない
・無人航空機から物を投下しない




DJI 安全飛行マップ
 


バナースペース


アールティービー@札幌

  〒060-0052
  札幌市中央区南2条東3丁目5番地
  Tel:011-233-4616
  E-Mail:info@rtb-drone.net